未分類

【体験談】ビリヤードのプロが超初心者の僕にレッスンで教えてくれた上達に必要な2つの秘訣

 はじめに

 

f:id:kozimaru:20180309182956p:plain

 

 

ビリヤードを始めてほぼ2年!虎子丸です。

(マイキューを買って、一人でも練習する

ようになって2年という意味)

 

 

かなり恵まれたことに僕は、

ビリヤードを始めて間もない初心者の頃、

プロの方から実際に指導(レッスン)をして

もらった経験があります。

 

 

もう右も左も、上も下もわからない

超初心者の頃でした。

 

 

レッスンを受けてから2年ほど経ちますが、

プロの方が言っていたビリヤード上達に

必要な2つの秘訣の意味を少しずつですが、

自分の中で受け止めて、解釈出来つつある

んじゃないか?と感じています。

 

 

 

今考えると自分の人生を通して振り返っても、

「プロの方に直接指導してもらえる」

というのは「もの凄く貴重な体験」

だったのでブログでシェアしようと

思いました。

 

 

“プロから何かを教わる”って

経験なかなかないですもんね。

 

 

ビリヤードをやっていて

「始めたばかりのビリヤード初心者です。」

「プロから教わりたいけどチャンスがなくて」

 そんな人には最後まで読んで欲しいです。

 

 

そして何か変化があるのなら

とても嬉しいです。

 

 

この記事はまだまだ技術的にも未熟である

僕の体験、視点、考察による記事なので

至らない点が多くあると

思いますがご了承ください!!

 

 

 

f:id:kozimaru:20180309183400p:plain

 

 

* 記事を読む前の注意*

 

“抽象的・概念的な教え方・指導”を受けた!

 

あらかじめお断りしておきますが、

技術面での具体的な秘訣は

記事で紹介してないです

 

  

(例)

・スタンス(足の置き方)は広く!

・キューの握りは〇〇!!

・「〇〇をすれば入る!」

・「そんなことしてたらあかんわ!」

こういった技術的な指導の記載はないです。

 

 

決めつけや型にはめ込むような教えではなくて、

始めたてホヤホヤ初心者の僕に伝わるような

かなり抽象的概念的に近いような

教え方をしてくれました。

 

 

 

読んでくれている方が僕と同じように

秘訣の本当の意味について一緒に

考えてくれると嬉しいです!

 

 

皆さんとシェアしたいと言いましたが、

僕自身の考察のまとめ、

自分のいまのレベルでのアウトプットを

目的とした記事でもあります。

 

 

 

「言葉の意味が分かったよ!」

「これが言いたかったんじゃない?」

と閃いた方、是非コメント下さい(土下座)!

教えてくれい! 

 

 

 

【体験談】ビリヤードのプロが超初心者の僕にレッスンで教えてくれた上達に必要な2つの秘訣

 

 

 

 

『ビリヤードは”記憶”と”習慣”のスポーツ』

 

f:id:kozimaru:20180309183128p:plain

 

レッスンを受けていて

プロの方から言われた言葉です。

個人での30分ほどのレッスンの最中、

ふっと言われた一言でした。

 

 

レッスンの間ですが、技術的なアドバイスは

ほとんどなくて、シンプルにこのセリフを

強調して伝えられました。

 

 

何十年と時間、人生を捧げて

ビリヤードに打ち込んできた人が

培ってきた全ての物事を

僕(初心者)に分かるくらいにギュッって

まとめて、教えてくれた2つの秘訣だと

考えるとブログを書いている今でも

グッと込み上げるものがあります。

 

 

当時は今ほど深く考えていなかったし、

ここまで打ち込むとは

想像できていなかったこともあり

言葉を耳にしても

何も疑問が生まれませんでした。

 

当然ですね。

 

疑問が生まれるまで向き合って

プレーしていたわけではないので。

 

 

プロ「ビリヤードって”記憶””習慣”

のスポーツなんだよ。」

「ん!?そうか!プロが言うなら

そうなんだな。なるほど。」

 

みたいな感じで自分の頭

一切使って考えてませんでした。  

 

 

2年経ったいま、自分の頭を使って

本当の言葉の意味を理解出来るように

噛み砕いてみたいと思います。

 

 

 

秘訣①:「記憶」

 

f:id:kozimaru:20180309183128p:plain

 

「記憶」の意味を自分で考えてみた。

 

 まずは1つ目の秘訣である「記憶」の部分、

プロが言った言葉の意図について

考えてみようと思います。

 

 

ビリヤードで必要な”記憶”について

考えると下のような感じのが出てきました。

  

 

・ボール(手玉、的球両方)の大きさを記憶

 

 

「手玉(白玉)、的球(数字の書いてある玉)

の大きさを把握しようぜ!」ってことを

おそらく言っていたんだろうなぁ

と今になって思います。

 

 

僕は以前に比べてポケットにボールを

落とすことができるようになり

進歩したなと感じてるんですが、

多分、たまの大きさを

練習・実践を通して感覚的に

掴みかけていることが1つの

要因じゃないかなと自己分析していて

感じます。

 

 

もしかしたらコレのこと言ってたのかも? 

 

 

・”厚み”を記憶

  

これまでに名前も知らないオッチャン

20人くらいに玉撞きに付き合ってもらった

経験があります。

 

 

おっちゃん達がかつて初心者であった時の

ことを僕は結構質問するんですが、

「それは、慣れ!」だとか

「感覚だそんなもん!って答えが

帰ってくることが多いんですよね。

 

 

「みんな厚みって無意識に

記憶してんのか〜」て1つ勉強に

なったことがあります。

 

 

「厚みに対しての記憶」も

プロの人が言ってた記憶の1つなのかも

と思ったりしました。

 

 

・「玉の”走り”」を記憶

 

 

 

 

 

秘訣②:「習慣」

 

f:id:kozimaru:20180309183558p:plain

 

では2つ目の秘訣、

ビリヤードの「習慣」について考えてみます。

  

「習慣」の意味を自分で考えてみた。

 

 

・ストロークを習慣化させる

 

 

多分これ!!!結構自信ある。

「ブリッジ」「スタンス」「構え」

これらを徹底的に固めて、

「安定した”ストローク”を編み出せ!」

ってことなんじゃないかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【おまけ】上達のコツ

 

f:id:kozimaru:20180309183317p:plain

 

 

「土 or 日の6時間より毎日の1時間」

 

これもプロの方から教えられた上達のコツです。

 

* 僕の受け取り方ですが、

時間数はあくまで強調のために言った数字でしょう。

それほどに毎日やるってことが大事なんだって

解釈しましょう。

 

 

サボってた時期が長かったのと

最近通いつめているということもあるので

現状、この言葉がものすごーく体に

染みてきます。

 

  

久しぶりにビリヤードとかすると

自分で気付くんですよ。。。

 

「あれ、おれって感覚を取り戻す練習

してないか…??」って。

 

マジでそれって時間もだけど、

お金もめちゃめちゃ勿体無いです。

 

技術を上げる練習がしたいなら

毎日やるしかないんだなって

今更ですが、ここ最近腑に落ちました。

 

 

よく考えれば、

テストにしろ仕事にしろブログにしろ、

コツコツコツコツ積み上げた人が

上達をするのはどの分野でも

変わりのないことですよね

 

 

甘かったなぁと反省してます。

 

 

毎日取り組もう!

 

 

 


まとめ

 

f:id:kozimaru:20180309183754p:plain