未分類

「集中力に欠けている」と感じるあなたが読むべき本。 「自分を操る超集中力」

 

f:id:kozimaru:20180107151044j:plain

 

 

 

はじめに

 

 

パソコンに向かうも仕事、作業捗らず。

 

 

 

一日が終わり、寝床に入って振り返ってみると

 

「一体自分は今日一日何してたんだ!?」

「こんなの集中できてたら2,3時間で

片付いていたことなのに……。」

 

 

上手く自分の(集中力の)コントロールが出来ず、

そんなことを思う日が何日も何日も続きました。

 

 

 

 

「解決する術がわからない。」

 

そんなことを言い訳に

ダメな自分に気付きながらも

ずっと見て見ぬ振りをして、

ほったらかしていました。

 

 

そんなある日、一冊の本を読みそれをきっかけに

自分の仕事でのパフォーマンスが徐々に

改善されるという出来事がありました。

 

 

 

当時の私のように”集中力”が原因で

仕事や読書、何かの練習等での自分の

“パフォーマンスの低下”を感じ、

行き詰まっているという人の

助けになれば嬉しいなと思います。 

 

 

 

 

 
読んで欲しい人

 

f:id:kozimaru:20171215181240p:plain

 

 

 

・気が散りがちで「集中力」に悩む人」

 

・なかなか目の前のことに打ち込めず、

行き詰まっていると感じている人

 

 

 

 

「集中力に欠けている」と感じるあなたが読むべき本。 「自分を操る超集中力」

 

 

 

 

 

 「集中力」で悩むあなたに読んで欲しい本

 


” 自分を操る超集中力 “

 

  

 

 

 

 私が手に取った本は

メンタリズムでお馴染みのDaiGoさんが

書いた 自分を操る超集中力という本です。

 

 

もともと私自身心理学に興味があったり、

テレビが好きでよく拝見していたり、

以前に人を操る禁断の文章術 という本を読んだ

こともあったりでとにかく……

 

 

DaiGoさんが好きということもあり

人柄と本のタイトルに惹かれ

書籍を購入しました。

 (DaiGoさんの回のアナザースカイも見たくらい。)

 

 

DaiGoさんじゃなかったらきっと、こんな

胡散臭いタイトルの本買わなかったでしょう。 はい。

 

 

 

著者:メンタリストDaiGoさん

 

 

 知らない方は少しでも動画を見ていただける

となんとなくイメージが掴めるのでは

と思います。

 

 


メンタリスト Daigo 笑っていいとも出演。

 

 

私はテレビっ子なのでよく録画した

バラエティ番組を一人で見ます。

 

ここ数年?テレビ番組、”モニタリング”等で

DaiGoさんの活躍を見かけます。

 

 

 

どんな本なのか

 

 

 

食事や睡眠、運動などが「集中力」に対して

もたらす、原因や解決提案が分かりやすく

解説してあります。

 

 

DaiGoさん独自の視点で様々な切り口から

「集中力」の向上、セルフコントロール

が綴ってあります。

 

 

 

 

【感想】

 

 

 

 

 


【買って良かった点】

・読みやすい!

 

本を開き、読み始めてまず感じたのは

読みやすい!

 

  

f:id:kozimaru:20180107151011j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

・たった1日で読めるのにボリューム満点!

 

 一日あれば読めてしまいます。

読み始めると面白くて、2〜3時間ほどで

読めてしまったような記憶があります。

 

 

 


・読み返しやすい!

 

これが一番大事!!

 

読書を通してインプットをし、

アウトプットしなければ何も生まれず

せっかくの読書も時間の無駄になってしまいます。

 

 

実践してなんぼなので

読み返しやすいかどうかは

とても重要だと思います。

 

 

 

 段落ごと、最後の”まとめ”がシンプル!

 

f:id:kozimaru:20180107152500j:plain

 

 
段落ごとに”まとめ”があり、

要点を押さえてくれています。

 

 

 

 

 

目次で綺麗に整理されている!

 

f:id:kozimaru:20180107152104j:plain

 

目次を見てもらうと分かるのですが

細かくカテゴリー分けされていて、

読み返しがカンタンです。

 

 

 

 

私がオススメするこの本の読み進め方

 

 

私がそうだったのですが、

本に書いてあることを全部やろうと思うと

きっと何度も読み返す必要が出てくると

思います。

 

 

いちいちその時に探していては

時間がもったいないです。

 

 

 

要点はまとまっていてフッとした時に

読み返しやすい本ですが、

自分の身に落とし込むためにも線を引いたり

付箋をつけたり、引っ張ってきやすいように

自分に合わせて目印をつけた方が良いのでは

ないかなと読んでみて感じました。

 

 

参考にして見て下さい。

 

 

 


おわり

 

f:id:kozimaru:20171215171749p:plain

 

 

私は流し読みではなくじっくりと読みました。

が!!!時間のない・忙しいという方は

まとまった要点だけを読み進めても

良いかもしれません。

 

 

2,3時間もあれば読めてしまうと思います。

 

 

 

シンプル内容で、すぐに実践できる具体的

なものばかりです。言っていることは

シンプルで理屈を理解するのは簡単ですが、

身に染み込むまでは時間がかかる方法が

いくつか本で紹介されています。

 

 

私は「自分には向いていないかもなー」と

感じるセルフコントロールの方法がいくつか

あったので、そういうのはスルーしようかな

と考えてます。

 

 

無理なく出来そうなものから実践しています。

 

 

 

仕事や勉強、読書、スポーツ。

(私で言えばビリヤードとか。)

 

 

 

何かをするという行為において

「集中力」がある、自己コントロールができる

という状態は様々な出来事において役に立ちます。

 

 

例え本一冊を読んで、役に立つことが

たった一つしか見つからなかったとしても

それは大きな収穫と呼べるのではないでしょうか。

 

 

 

この本を読んできっとそんなことは

ないだろうと思いますが…

 

 

 

 

「集中力」に悩める人に是非手に取って欲しい、

必読であると思った一冊でした。

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力