未分類

「英語を勉強してきて良かった」と苦労が報われた瞬間。

 

 

f:id:kozimaru:20171118132624p:plain

 

 

はじめに

 

 

私は8年間、英語の勉強をしてきました。

 

「ああ、英語を勉強してきて良かった。」

 

そう思えた瞬間が

24年間の人生の中で何度もありました。

 

良かったらお付き合いください。

 

 

* こんな人に読んでほしい !

・これから英語の学習を考えている

・本気で英語に向き合おうと考えている

 

 

私が英語に費やした期間・実績

 

 

・高校での英語学習3年間、

 

・大学外国語学部での学習4年間、

 

・カナダにて半年間の大学交換留学経験、

 

・TOEIC800点前後

(しばらく受験してないので

二年ほど前のスコア。泣)

 

 

 

偉そうなことを言える私ではありませんが、

人並み以上には英語に対して

時間を費やし、勉強してきました。

 

私なりに英語を勉強してきて良かった

と思えた瞬間を記事に綴ってみます。

 

お付き合いして頂けると嬉しいです。

 

 

英語を勉強してきて良かったと思えた瞬間

 

 

 

 


コミュニケーションが取れたとき

 

・旅行で訪れた現地で

 

f:id:kozimaru:20171118133637j:plain

 

ペラペラではないにせよ、他の方に比べ、

英語に対してのアレルギーがありません

 

海外旅行でも心配事が少ないです。

 

むしろコミュニケーションを取ることに

対して、ワクワクするような感覚が

自分の中にあります。

 

慣れない土地であろうとも

精神的な余裕が生まれること

を手助けしてくれます。

 

 

・外国人の友人と

 

大学進学、カナダでの語学留学を通して

数少ないですが、

あちこちに友人が出来ました。

 

韓国、中国、カナダ、アメリカ、

シンガポール

たった5カ国ではありますが、

英語に対して興味がなければ

知り合うことはなかったでしょう。

 

「仕事はどう?」

「旅行でこっちにくる予定はないの?」

とメッセージをくれますし、

異国の地で頑張っている友人と

コミュニケーションを取ると

「自分も頑張ろう」とパワーをもらえます。

 

  

・突然英語で話しかけられて

 

f:id:kozimaru:20171118135427j:plain

 

もはや英語は日本で生活する上でも

必要不可欠になってきています。

 

以前USJに彼女と一泊二日で旅行

に出かけた際、たった1日の滞在

にも関わらず、大阪で3回

外国人の方に話しかけられました

 

* ポイント *

1回目→道案内

2回目、3回目→写真撮影(道頓堀、USJ内)

 

 

大したことのない出来事ではありますが、

異国の地、日本にわざわざやって来てくれた

外国人の方の役に立てたのは

とても嬉しい瞬間でした。

 

 

これから先、こういったことは

当たり前になって行くと思います。

 


洋楽の歌詞の”意味”が理解できる

 

マイケルジャクソン

アリアナグランデ

言っていることが多少、理解できます。

 

 

「和訳を見れば理解できるじゃん。」

とよく言われますが、それは

歌詞を理解しているのではなく、単に

通訳、翻訳の日本語を理解しているだけです。

 

 

自分で培った英語力で音楽を聴き、

アーティストの単語によるニュアンスの違い

が理解でき、いま私が海外の音楽を楽しむ

ことができるのは苦労して英語学習を

乗り越えたおかげだと強く感じます。

 

 


就職活動のとき

・”出来る人”だと思われる

 

世間では

「英語はもう今の時代、出来て当たり前。」

「今から英語を勉強しても遅い。」

などと言われていますが、

今現在、転職活動をしている私の経験上、

あまり的を得た意見だとは思いません

 

 

面接を今日まで4社受けましたが、

2社から面接で触れられ、

”英語力”を評価して貰えました。

(TOEICスコア:800点前後)

 

*ポイント*

1. 自社ブランドをテレビ通販、ネット販売する会社。

2. 大手ゼネコンに人材派遣をする会社。

上記の業界の会社2つ。

 

 

日本での就職の際、まだまだ転職・就職活動で

評価をしてもらえる強いポイントであると

就職・転職活動を通して知りました。

 

 

 

・実務で役立つ

 

私は 個人事業で輸入販売をしていますが、

Skypeでテキスト(文字入力)する際に

「英語学習が活きているな」と実感します。

 

 

特に「英語を使った仕事をしたい」とは

考えていなくて、

「自分の中で手札を増やす」という

軽い気持ちで大学進学を決めましたが、

今ではこうして大きく生活で役に立っています。

(わざわざ大学に進学するほどでもないが)

 

 


情報収集の幅・スピードが広がった

 

今までは”日本語”の文章、言葉からしか

情報 (ニュース、コラム、本など)

を受け取ることが出来ませんでしたが、

これらに加えてさらに、今は

“英語”の文章、言葉が加わりました。

 

 

私はSNS(ツイッター、インスタグラム、You Tube)

が大好きで毎日チェックするのですが、

ビジネスにしても大好きな趣味にしても、

日本のものだけでなく、海外での発信も

英語ができるおかげで

“リアルタイム”の情報から取り残されずに、

付いて行くことが出来ます。

 

 

世の中で起きている全ての出来事が

日本語で解説・翻訳されている

訳ではありません。

 

 

選ばれた都合の良い出来事、情報だけが

私たちの元にやって来ています。

 

 

 

 


視野が広がったと感じたとき

 

英語の学習を通して

頭が柔らかくなった気がします。

 

おかげで視野が広がりました。

 

 

ありきたりな言葉・物言いですが

私自身を大きく変えたことは事実ですので

あえてこの言葉を選びました。 

 

仕事ではもちろん、私の場合は

特にそれ以外での趣味や物事に対する

考え方に大きな影響を与えました

 

自分のライフプランを考えるのに

 

一つの手段として海外での生活が

過去に頭によぎったことがあるのも

英語が多少できるようになった

おかげであります。

 


おわり

 

 

言語の学習に対して終わりはないので 

習得を目指すのであれば、

腰を据え、長い目で見て

自分のペースで一歩一歩、

勉強を継続して行くことが何よりも

大切であると私は考えてます。

 

 

英語を本気で取り組むという人

がこのブログを読んでくださった

ならば影ながらではありますが

大きく、私は応援します。

 

余計なお世話だとは思いますが、

英語を身につけた先に

自分が何をするのか、

したいのかが明確であると、

より一層、人生が豊かになるのでは

と思います。

 

私の場合は行き当たりバッタリでしたので。

 

 

それでは。