未分類

プレゼントを選ぶ基準 『センスが良いと褒められる』 × 『本当に喜ばれる』

はじめに

 

自分で言うと恥ずかしいですが、過去に
知人、恋人へプレゼントを贈った際
センスが良いと何度か褒めてもらった
経験があります。
 

相手の本心なんて分からないし、

口先でなんとでも言えるので

もしかすると、お世辞で言ってくれた

のかもしれません。

 
ですが、おかげで友人や恋人以上に、
自分の方が嬉しくなってしまうという
忘れられない出来事となりました。

 

真実が気になると共に、自分の内側に
溜め込み、放っておいてもいても仕方ない
ので、一か八か記事にしてみれば、
もしかすると何か反応があり、気付くことが
あるのではないかと考えました。

 

この記事では
 『センスが良いと(自分が)褒められる』
      ×
『本当に(相手に)喜んでもらえる』
プレゼントを選ぶ基準5つ

について私なりの視点で書き起こしました。

 

 
もちろん、センスが良いと言われた
ことに対して私自身、自惚れている訳でなく
大きな疑いがありますし、自分への戒めの
意味も込めて文字として書き表しておくこと
に価値があるのではないかと考えております。
 
 
誠に勝手な記事ではありますが、
興味のある方のみ、
お付き合いをお願いします。
 

ヒントや参考になれば幸いです。

 
「センスが良いと褒められる」
     ×
「本当に喜ばれる」
プレゼントを選ぶ基準5つ

 

 

 

1. “適正”価格であるか

 

経験上、”付き合いに見合った金額”の中で

プレゼントを贈るということは重要です。

あまりにも高いと感じられたらば
驚き、遠慮をされるでしょう。
あまりにも安いと感じられたらば
落ち込まれてしまうでしょう。

 

 

「付き合いの年月にプレゼントの

金額なんて関係ない!!」

と付き合いが比較的浅かったにも関わらず、

意気込んで私が彼女へプレゼントを渡した際、

喜んでくれた反面、ビックリされ気を遣わせて

しまいました。

 

 

「プレゼントで気を引こう」

「頑張って気持ちを繋ぎとめよう」

とする自分の心の奥底にある感情が伝わって

しまったのかもしれません。

 

 

素直に喜んでもらいたいのなら

相手の感情をなるべく踊らせない様、

”適正価格”で購入した方が良いです。

 

 

*ポイント*

値段はほぼほぼ相手にバレる

インターネットが発達した現代、
プレゼントの価格を知ることは
とても簡単になりました。購入する場所
によってはもちろん変わりますが、
相手にプレゼントを渡した瞬間から
大まかな価格は相手に伝わります。

 

・本人による検索
・身の回りの人との会話

などが考えられます。

 

 
 

2. “一流”であるか

価格の話ばかりでしたが、
“良いもの”を選ぶというのは大事なことです。

 

・保証書が付いているかどうか
保証書が付いていると
購入するこちらの安心感もありますが、

何より受け取る相手側も

ホッと出来る気遣いであります。

 

大切な基準の一つではないでしょうか。

 

 

*ポイント*

「お金がない」という人に向けて…

価格帯の低いゾーンの中で

良いものを選んでみよう。

(予算¥30,000)

財布 ¥30,000〜¥100,000 →△

時計 ¥10,000〜60,000 →〇

ネクタイ ¥5,000〜¥30,000 →◎

 
 
 

3. 相手を立てるプレゼントであるか

 

自分がいないところで相手を立ててあげられる

ようなプレゼント選びもとても大切です

 

経験上、人間は周囲の人の身に付ける

アイテムの変化に敏感です。

 

「これ最近買ったの?」

「かっこいいね!」
「可愛いいね!」 
 という会話のやり取りは日常茶飯事で

ごく当たり前の会話です。

女性の間では特にだと思います。

 

 

相手の魅力を引き立て、引き出すような

プレゼント選びはとても大切である

と言えます。 

 

 

4. こだわりがあるのかないのか

 

相手のこだわりを見抜いた上で

プレゼントを選ぶこともまた重要です。

お節介になってしまう可能性が

あるからです。

 

例えば

“財布は自分でデザインを選び、購入したい”

というこだわりのある人に財布をプレゼント

することは良いアイデアだと言えません。

 

財布のこだわりの強い人に

いくら喜んでもらおうとお金を積んでも、

好みを押し付けたようなプレゼント

ならば喜ばしいものにはなりません。

 

 

財布に例えて話をしましたが、

こだわりの強くないアイテムを

見極めて、贈るよう心掛けたいです。

 

 

 

5. 主観が入っていないか

 

プレゼントを受け取り、使用するのは

自分ではなく受け取る相です。

 

本当に喜ばれたいのならニーズが全てです。

 

SNSで見てかっこよかった・可愛かった、」

「友人が○○のブランドの○○を贈っていた、」

 

参考にするのはとても良いと思い

ますが、どれも主観であり

プレゼント選びの邪魔をします。

 

贈る相手のことをただひたすらに

イメージして選ぶか選ばないかが

基準として大切になってきます。

 

 

まとめ

 

 

最後になりましたが、

スティーブ・ジョブズの名言に

こういう言葉があります。

 

美しい女性を口説こうと思った時、

ライバルの男がバラの花を10本

贈ったら、君は15本贈るかい?? 

そう思った時点で君の負けだ。 

ライバルが何をしようと関係ない。 

その女性が本当に何を望んでいるのか

を、見極めることが重要なんだ。

 

スティーブジョブズの発言より引用

 

 

個人的な意見になりますが、

「何贈れば良いか分からない」と言って

投げやりにし、妥協して何かを適当に選び

当日に間に合わせようとするくらいなら

 

何も用意しない

遅れても用意ができたタイミングで渡す

 

で全然良いのではないかと思います。

 

納得いくまで悩み抜いて、

素敵なプレゼントを選んでください。