未分類

【初心者向け】5分で出来るメンズのスエード靴の手入れ方法・手順を徹底解説!


id=”はじめに”>はじめに 

 

スエード靴の手入れを始めて

三年目になります。

 

いままで購入した靴を大して手入れもせず、

履き潰しては洗う、汚れては捨てるという

サイクルで靴を始め、身の回りのものを

消費してきました。

 

「こういうモノの使い方って良くないよな」
と思いながらも改めることはありませんでした。

 

大学生の頃ある日、

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント)と

いうブランドを知り、シンプルなデザインで

黒のスエードのローファーに

一目惚れをしました。

 

 

f:id:kozimaru:20171025064411j:plain

※私の所有している Alfred Sargent ローファー。 

 

足元に取り入れている人は少ないと感じ、

「購入するならコレだ!」と思い、

かなりの値段はしましたが、

大学卒業式、社会人生活を見据えて購入。

手入れを疎かにせずに、

大切にしながら履き続けています。

 

 

手入れ方法は調べれば出てきますが、
どのブラシを使えば汚れが落ちるのか、
補色スプレーを使うと色がどう変わるのか
参考になるページがインターネットに少なく
イメージが湧きづらいと思ったので、
今回自分で記事を綴ることにしました。

 

いままで粗末にものを扱ってきて、
こんな言葉が自分から出てくるのに
かなり驚くのですが、

 靴の手入れでのミスは

失敗の一言で片付けられません。

お気に入りの靴ならなおさら。(泣)

 

値段はもちろんですが、やっとの思いで

購入した愛着のある靴も、ある日を境に

“壊れて履けなくなってしまった”

“もっと手入れをしておくんだった “という

取り返しのつかないことになってしまいます。

 

素人の私ですが、
一日でも長く、たった一回でも多く
愛用しているローファーを履けるよう
スエード靴の手入れについて
靴の修理屋さん、手入れをしている人に
方法、手入れアイテムについて
聞いてみたり試行錯誤を重ねてきました。
記事は素人である私からの視点になって
しまいますが、参考になれば幸いです。

   

 

 

【初心者にオススメ】

スエード靴の手入れ方法を徹底紹介。

 

 

  

 

 

ビフォーアフター(写真付き)

 

先日、台風という悪天候の中、
2、3時間の外出ではありましたが、
出掛けてきました。(結婚式の二次会)

 

Before (手入れ前の写真)

f:id:kozimaru:20171025070006j:plain

※帰宅翌日に撮影。

雨によりヨゴレがかなり目立ちます

 

 

たった5分程度でこれくらいヨゴレを

落とす事が出来ました。

写真で分かりづらいですが、

黒みもだいぶ強くなっています。

 

 

After (手入れ後の写真)

f:id:kozimaru:20171025070210j:plain

 

 

ブラシ  ×  2

補色・耐水スプレー 

 

以上の3点のみを使用した簡単な手入れになります。

 

5分で誰でもできます。

 

以下のアイテムを使用しました。

 

 

手入れのアイテム

 

私の普段使用しているアイテムを紹介します。

上記の写真、手入れについて

気になった方は参考にしてみて下さい。

 

 

ブラシ①について

 

 ・4WAY1ブラシ

 

上記の写真の汚れの6割近くは

このブラシで落とし、手入れしました。

 

「どのブラシを購入して良いのか
一切わからない」

そんなときに靴の修理屋さんに
紹介されて購入した最初の私の一本です。

 

一本のブラシで4つの使い方があります。

 

①. ↓このラバー側面でコバや縫い目等

の細かい部分の汚れを落とします。

 

f:id:kozimaru:20171025144052j:plain

 

 

②. ↓こちらのラバー側面ではヒールやつま先等

の汚れを落としていきます。

 

 

f:id:kozimaru:20171025144401j:plain

 

③. ↓銅線ワイヤーのこの部分で

全体の汚れを掻き出していきます。

ゆっくりと革の確認をしながら

丁寧にするのがポイントです。

 

 

 

f:id:kozimaru:20171025144454j:plain

 

④. ↓この部分で毛並みを整えていきます。

私は一番使用するラバー部分です。

面全体が広がっていて使い勝手が

良いです。ホコリのような汚れが

よく取れます。

「銅線ワイヤーなんて使って大丈夫?」

「スエードへのダメージが怖い」

という方は③部分を使用しなくても

大丈夫です。

※↓このラバー部分のブラッシング

のみでも十分に汚れが落ちます。

 

f:id:kozimaru:20171025144519j:plain

 

 

普段の手入れでももちろんですが、
玄関先に置き、出掛ける前に
気になるヨゴレを落とすのにも
とても役に立っています。

 

一本あると良いでしょう。

 

コストパフォーマンス ◎

 

お手入れの最初の一本目に

悩んでいるのならば

経験上、これを買えば間違いないと

私はおすすめします。

 

 

 

 

 

 

ブラシ②について

 

•【REGAL】リーガル起毛革用ブラシ TY34

 

f:id:kozimaru:20171025123925j:plain

 

f:id:kozimaru:20171025123943j:plain

 

 

 

本格的なスエード素材用ブラシです。

外側に豚毛、内側は銅製ワイヤー仕様。

 

 4WAY1ブラシでは物足りず、購入。

こちらのブラシでヨゴレがごっそり落ちます。

ブラシにコシがありスエードの隙間の奥の

汚れを掻き出してくれる一本です。

 

f:id:kozimaru:20171025150543j:plain

購入してから約一年。使用頻度は

4WAY1ブラシに比べると劣りますが、

まだまだブラシはしっかりしていて

良いブラシを購入したと言えます。

 

*ポイント*

馬毛=柔らかい。 

素材を傷めずにホコリ落としに向いている。

豚毛=硬め。

毛並みを整えたり、

軽い汚れを落とすのに向いている。

 

 

 

ブラッシングの方法について

 

 

Step1.

逆目(毛並みを立たせる)で

ヨゴレ、ホコリを落とす。

 

Step2.

正目(毛並みを寝かせる)で毛並みを整える。

 

 

上記のブラッシングで汚れを落とし、

毛並みを整えた後、

栄養ミスト、補色•耐水スプレー等

を加えながら手入れの仕上げをしていきます。

 

 

 

 

補色•耐水スプレーについて

 

• 【REGAL】起毛革用スプレー TY28A

ブラック / ニュートラル ※ニュートラルは無色

 

f:id:kozimaru:20171025124015j:plain

スエード生地、ヌバック生地の細かい繊維に

浸透し、しなやかさと耐水性を

与えてくれるスプレーです。

 

 

通気性を損なわずに防水性を与え、

色彩を鮮明に保ちます。

 

 

一本で補色(保色)耐水をカバーできます。

※防水スプレーではありません。あくまで耐水

 

 

“スエード表面が強く濃い、鮮やかな黒色”

これが私の好みなのでブラックを購入し、使用。

黒みを補ってくれるスプレーです。

 

“革の色みを保ちたい”という方は

ニュートラルタイプのもの

合っているかもしれません。

 

 

* 使用前

f:id:kozimaru:20171025155810j:plain

 

 

* 使用後

f:id:kozimaru:20171025155828j:plain

 

 

 

「 もっと手入れしたい!」という人は

 

シューキーパーについて

 

f:id:kozimaru:20171026071101j:plain

 

 

大切(高価)な靴をきれいに維持してくれます。

洋服で言えばハンガーと同じ役割を果たします。

 

・形状維持

・靴底の反りを復元 (革のヒビ割れ等を防ぐ)

・甲のしわ、かかとの型崩れを復元

↓「木製」シューキーパーの場合は以下の役割も ↓

・除湿・脱臭

・殺菌 (カビを防ぐ)     などです。

 

 

*ポイント*

人が一日中靴を履きっぱなしの場合、

かく汗の量はコップ一杯分(200cc)だと

言われています。

 

それだけの量の汗が靴に染み込んで

いくということを考えれば、

シューキーパーの必要優先順位が

高いということは明らかです。

 

「あった方が良い」 というより

「あるべき」という事が分かります。

 

新聞でも無いよりは良いですが、

購入することを圧倒的に勧めます。

 

 私が使用している

木製のシューズキーパーです。

 

 

 

栄養ミストについて

 

・コロンブス スエード 栄養ミスト

 

f:id:kozimaru:20171025132850j:plain

 

 

起毛革に栄養を与え、

色調を鮮明に保つミストです。

起毛革(ヌバック、スエード、ベロア、ムートン等)

靴、バッグ、ウェアなど幅広く使用できます。

月に2、3回ほど使用。

これは必要ないかもと思う人もいるかも

しれませんが、

値段の高い靴、気に入った一足を

お持ちの方なら買った方がいいでしょう。

長期的なスパンで見ると必要な一本です。

私はスエード靴一足のみでの使用となり

ますので、かなり長持ちしています。

一度買ってしまえばかなり楽です。

 

 

 

 

防水スプレーについて

 

天気に関係なく履くことを強いられる

ことがある人はマストアイテムだと言えます。

この辺はこだわりなく、安いものを

私は購入し、使用しています。

 インターネットや靴屋で

販売しているもので十分です。

 

 

 

コロコロについて

 

掃除でお馴染みのコロコロです。

 

f:id:kozimaru:20171026074048j:plain

 

シューズの表面のホコリが取れます。

※あまりにも粘着性が強すぎると

補色スプレーが色移りしてしまいます。

服の汚れなどを落として使い終わった後、

粘着力が5,6割程度になったら

使用すると丁度良いです。

手間いらずで簡単な手入れです。

私は出掛ける前に服にコロコロを使い、

僅かな粘着力でシューズのホコリを取り、

出掛けています。

 

 

手入れのタイミング 

 

・帰宅して脱ぎ終えた直後 (10〜15分程度)

・履いて出掛ける直前 (3〜5分程度)

 

 

上記のタイミングを

ベストだと考えています。

 

難しい場合はなるべく早めを

心がけると良いと思います。

経験上、はっきりと言えますが、

手入れが早ければ早いほど、

汚れも落ちやすくなると言えます。

 

 

 

綺麗に保つためのポイント

  

 ・マメな手入れ。

・履くタイミング、場を選ぶ。

(天気が悪いのか、人混みの多いところに行くのか)

・歩き方、足元に気を配る。

・履いている靴を心から大切に思う気持ち。

愛がなければ手入れも続きません。

 

 

 購入を考えているアイテム

 

こちらは私自身がまだ使用していないですが、

今後購入を考えているアイテムです。

 

今のところ、ブラシとスプレーのみで

手入れ可能なヨゴレなので

未購入となっています。

 

 

 ・消しゴム

 

 

 

レッドウィング

靴の修理屋さんが試行錯誤の末、
たどり着いたと教えてくれた消しゴムです。

 

ブーツの消しゴムだけあってかなり落ちる
と教えてもらいました。

ブラシではなかなか落ちない汚れ
の際にこちらを使っていきます。

年間何百足と靴を修理をする
汚れ落としのプロが勧めるので
どうしても落ちない汚れがある際、
私は購入を考えています。

 

 

 

 

おわり

  

最後に。。

 

おそらく手入れの正解について

知りたくて検索されたと思いますが

辿り着けましたでしょうか?

 

記事で長々と書きましたが例え私とあなたが、

同じスエード靴を持っていようと、履く頻度や

大切に扱おうとする姿勢、ブラッシングの具合は

おそらくきっと違います。

 

 

人によって手入れの満足度も

違うので正解は異なります。

 

 

インターネットや本で調べても、

調べてばかりでは正解に

たどり着くことはできないでしょう。

 

まずはブラシ一本で良いので何かを

手に取って、自分の靴を磨いてみてください。

 

10個の知識より1つの行動

から学べることは本当に多いです。

 

そして何よりも価値があります。

 

たかが靴磨きだと思われるかも

しれませんが、自分の大切なものが

綺麗になる事はとても気持ちが良いです。

 

一つでも良いのでお試し下さい。